創作粘土 すずらん

代表者 三好 曜利子

粘土も種類がたくさんある中、石粉粘土に出会い、自然が持つ優しさや見過ごされがちな何かを考じさせてくれる花を、単純に大きく分厚く作ります。
そして、粘土の持つ質感を大切にしますので、うすく色づけしています。ふきとり、ぼかし、重ね塗りが主です。
色の付け方によっても花が可憐に見えたり、重量感のある花に仕上がったり、一番嬉しい時です。
私達は、これからも人とのふれあいを大切に、自然の恵みに感謝しつつ、愛情を込めて一枝を作り上げていきます。
閉じる